株式会社ながお│鳥取県│鳥取市│建築工事│設計│土木工事│製材業│水道施設工事│管工事業│解体工事│損害保険代理業

 

ながおの家づくり

   
ながおの家づくり
 
 
    豊かな森の贈り物・美しき「住空間」
   
   鳥取県は全国的に見ても日照時間が少なく、雨や雪の影響
 
を受けやすい地域です。雨を配慮した軒の長い屋根、雪を意識
 
した屋根勾配の角度、或いは室内の高い湿度等、設計時に配慮
 
すべき問題は多いのです。
 
   ながおは四季の変化を考慮し、それぞれの季節に調和した、
 
『和』の家を目指してきました。自然素材を徹底的に使用した
 
空間は、心やすらぐ美しさを感じさせ、多くのお客様から賛同
 
を得ています。
 

新月伐採~自然乾燥

新月伐採~自然乾燥
 
ながおの木材加工の第一歩となる原木の伐採は、
 9月~12月の“新月期”の木々が水の吸収を休止する
 時期に行います
 
腐りにくく、狂いの少ない木材とするために、伐採期にも配慮し、
 
必要十分な自然乾燥を行います。外材を多用せず、この山陰の
 
風土で育成された原木に注目して、雨や雪の多い山陰の
 
気候風土に強い木造建築を目指していきます。
 
 

職人の技

職人の技
 
日本の木造建築は、古くから世界にも例を見ない完成度を
 持ち、その品質や技術を現代に伝えています
 
ながおでは熟練した技術を持った大工が建設にあたっています。
 
大工棟梁の采配によって厳しい空気の中で高められ、携わる
 
全ての職域にまで影響が及んでいきます。
 
  一軒の家屋が完成に至るまでには、屋根職人、左官職人、
 

内装職人など多くの職人達の協力が必要です。その全てが

 

大工を始めとする職人たちの技量に掛かっているのです。

 

  これらの高い技量を持つ職人の育成も含めて、ながおは

 

常に高い目標を目指しています。 

 
 

在来工法

在来工法
 

●適材適所に使用する樹種を吟味する

 

柱や梁、桁などの構造材は、樹種によって強度や剛性が異なり

 

方角によっても使用する材質を吟味する必要があります。

 

また、日本の木造建築は、木肌の美しさ、香気と共に

 

耐力性能が求められます。

 

   ながおは60年もの間木に携わり、在来工法の経験を

 

蓄積しています。設計段階ではお客様の要望を大切にし、長く

 

付き合える『木づくりの家』を目指しています。
 
 

 
 

耐震構造

耐震構造
 

●近年頻発する地震で倒壊した木造家屋は、年代を経た
 現在の建築基準法に満たない1981年以前の基準で
 建てられた家屋が多いのです

 

ながおが長年手がけてきた木造住宅は、在来工法による

 

木造建築です。

 

   新しい建築基準法(新耐震基準)に則した在来工法型の

 

木造建築で、十分な耐震設計の基に建てられています。
 

それは地震のみならず、台風などの風圧にも耐える「耐力壁」

 

と呼ばれる壁を適切に配置したものです。

 

   在来工法で日本建築を設計するながおは、

 

60年の研鑽と伝統、熟練した技術、そして経験豊かな知力を

 

持っています。

 
 
○ 安心・安全な木造注文住宅 鳥取県木造住宅推進協議会会員 材木屋の創る家 株式会社 ながお
 
株式会社ながお 〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野2338番地12
TEL:(0857)84-2252 FAX:(0857)84-3310  代表取締役 長尾 裕昭
 
E-mail: info@k-nagao.jp
 
<<株式会社ながお>> 〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野2338-12 TEL:0857-84-2252 FAX:0857-84-3310